Pentruder Japan Co., Ltd.

2010/06/15更新 

 

→ HOME

 
 

→ トラクティブについて 

 

→ 製品

 

→ テクノロジー(準備中)

 

→ 技術サポート・トップへ

 

  → 詳細情報(英語)

 

  → ニュース WOC2010

  → ニュース バウマ2010速報

 

 

株式会社ペントルーダー・ジャパン

営業事務所・サービスショップ

広島市安佐北区上深川743−1TEL&FAX 082-844-1939

IP TEL 050-1483-6093

Mail : info@pentruder.jp

 

広島県公安委員会許可

第731141000012号

    

 技術サポート

 

  ペントルーダー 6−10、6−12(HF), 6−16、8−20(HF, IQ) ウォーターシール交換

 

 ウォーターシールの交換時期

 

 ソーヘッドスピンドル背面のドレンホールより水が漏れ始めると、それはウォーターシール交換のサインです。その際には弊社にご相談ください。摩耗したウォーターシールを放置すると、旋回アーム内ギヤッボクスに漏水しアーム内のギヤボックスに修復不能な損傷を与えかねません。 ドレンホールからの水漏れは日常点検するとともに、トラブル予防措置としては、240時間毎の交換を推奨いたします。 

 

  ウォーターシールの交換方法

 

 ウォーターシールカートリッジASSY 部品番号57210101(交換スリーブ付)は、マイナスドライバー2本と、交換スリーブ引抜工具(部品番号65420100)で簡単に交換が可能です。 使用頻度が高い場合には、スペア部品を用意することをお勧めいたします。

 

 交換の手順は下記の通りです。

 

  1. 下図が示すようにウォーターシールカートリッジ(真鍮色、外側)を2本のマイナスドライバーで引き上げて抜いてください。交換スリーブはシャフトに残ります。
  2. ウォーターシールカートリッジに組み込まれている全てのシールとOリングを新品と交換してください。あるいは、既に組みあがっている状態のウォーターシールカートリッジASSYと交換してください。そして耐水性のグリスをシール部に塗布してください。
  3. 交換スリーブのシール接触部分が摩耗している場合は、引抜き工具にて交換スリーブを交換スリーブを新品と交換してください。交換スリーブ内側にはOリングがあります。挿入時はグリスを塗布しOリングを傷めないように注意してください。
  4. プラスチックハンマーでウォーターシールカートリッジASSYを軽く叩きながら元の位置に挿入してください

  

    

waterseal.gifws3.gif